簿記3級は意味ない?⇒あります【大学生が取得するメリットを解説】

簿記3級は意味ない?⇒あります資格
悩む人
悩む人

・大学生が簿記3級を取るメリットは?

・簿記3級は意味ないと言われた

・簿記を勉強するべきか悩んでいる

SHIN<br>
SHIN

私も簿記3級を取ったときに意味ないという声を聞いたので、同じ悩みを持っていました。

ここで悩みを解決し、簿記を勉強するモチベーションになれば嬉しいです。

この記事でわかること
・簿記3級を取得するメリットがわかる
・自分は簿記3級を取るべきかがわかる
・簿記3級が意味ないと言われる理由がわかる

当ブログにおける簿記とは日商簿記検定のことを指します

結論を先に言うと、簿記を勉強すること自体はメリットが多いですし3級を取ることは意味のあることです。

この記事の権威性
・就職に関する資格ランキングで簿記が上位にある
・実際に私が簿記3級を取得している

それでは本題へまいりましょう

簿記3級が意味ないといわれる理由

そもそもなぜ簿記3級は意味がないと言われるのでしょうか?

その理由について解説していきます。

難易度が低いから

簿記3級は簿記の入門的な位置づけであるため、まったく勉強してこなかった人でも数か月あればとることができます。

SHIN
SHIN

私は2級を勉強中ですが、3級との難易度の差はかなり大きいです

難易度が低いため誰でも受かる(そんなことはないですが)と軽く思われている部分もあります。

ちなみに3級の合格率はだいたい50%ぐらいです。

履歴書に書けないと誤解されているから

先ほど言った難易度が低いということに関連して、簡単だから履歴書に書けないと思っている人がしばしばいるようです。

ワルい社会人
ワルい社会人

3級なんて書くな!

でもそれは完全に誤解で、3級であっても胸を張って履歴書に書けます。

むしろ勉強熱心さや努力できる姿勢をアピールできるので、何も書くことが無いより全然いいです。

取得している人が比較的多いから

簿記は数ある資格の中でも知名度が高く、持っている人が比較的多いので他の人と差別化しにくいと思われています。

たしかに簿記、特に3級となると合格者数も多いのでより差別化できないかもしれません。

SHIN
SHIN

かといって意味がないというのは言い過ぎです。

それは何級かに関わらず簿記を学ぶことは意義があるからです。

3級のメリットはこの後すぐに詳しく解説します。

大学生が簿記3級を取得するメリット

世の中のお金の流れが分かる

簿記を学ぶということは、企業や個人が普段どういうお金のやり取りをしているのかを見るということです。

・収入と支出が正確に把握できる
・資産や負債の意味を理解できる
・家計簿がつけられ、金銭の管理が正確にできる

家計簿をつけるぐらいなら3級レベルでも十分できます。

また、ニュースに出るお金に関する用語なども簡単なものであれば分かるようになります。

自分の適性を知ることができる

簿記3級は入門編という立ち位置なので、気軽に勉強を始められます。

簿記が面白くないなと感じるなら、簿記を活用する経理などの職種は合わないかもしれません。

大学生のうちに職業に関する適性を把握しておけると、就活で迷いが少なくなります。

SHIN
SHIN

やってみて楽しいと思えば、2級以上にステップアップすればいいと思います

少しでも興味があるならモチベーションが高いうちに勉強を始めましょう。

簿記3級の勉強法については簿記3級 知識ゼロから合格するための勉強法を参考にしてみて下さい

簿記2級以上を取るための土台づくりになる

簿記3級を学んでおくことで、2級以上をとるための基礎的な知識をつけることができます。

いきなり2級を目指すよりも土台ができた状態で勉強できるので、3級を持っていることは大きなアドバンテージになります。

目安となる勉強期間が以下です。

・3級⇒勉強期間は2ヶ月ほど必要
・2級→勉強期間⇒4か月ほど必要

独学かスクールに通うかによって違いはありますが、イメージはこのぐらいです。

2級の勉強期間は3級レベルの知識がある前提ですので、未経験の場合はさらに時間がかかります。

簿記3級に対して過度の期待は禁物

簿記3級のメリットについて解説しましたが、このような考えの人は取得しても役に立たないでしょう。

簿記3級だけで就活のアピール材料にしたいと考える人

簿記3級だけで就活の役に立つかと聞かれると、答えは「いいえ」です。

・努力できる姿勢など熱意を伝えるには有効
・簿記3級だけでアピールするには物足りない
・勉強を通じて何を得られたかが大事

簿記3級に対して過度な期待を抱いていた人はこの機会に考え直しましょう。

ちなみに2級は3級と比べてかなりの難易度になるので、簿記2級を持っていれば就活でアピールできるといえます。

特に理由もなく取ろうと思っている人

正直このパターンが一番危険だと思います。

いわゆる「資格ホルダー」と呼ばれるものです。

・資格を取ることが目的ではない
・「なぜこの勉強をするのか」を自問しよう
・簿記の勉強を苦痛に感じていないか

これから簿記の勉強を始めようとしている人、既に始めている人は何のために簿記を学ぶor学んでいるのかを考えてほしいです。

SHIN
SHIN

大学生にもなって嫌々勉強するのは時間がもったいないですよ。

簿記3級でもメリットは多いが、就活に役立てるなら2級以上を取ろう!

今回は簿記3級を取るメリットや意味がないと言われる理由について解説しました。

簿記3級を取るメリット
・世の中のお金の流れがわかる
・自分の適性がわかる
・2級以上への土台づくりになる

簿記の資格を就活に役立てたい人は2級以上の取得をオススメします。

何級をとるにせよ、自分が苦痛ではないか、目的があるかは考えてほしいです。

SHIN
SHIN

簿記を勉強している人、これからする人は一緒にがんばりましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

↓フォローお願いします!
shinをフォローする
資格
スポンサーリンク
shin

大学生(20)|ブログ歴8ヶ月|TOEICスコア735|簿記三級|筋トレ

shinをフォローする
BLOG SHIN
タイトルとURLをコピーしました