簿記3級 おすすめの参考書3選【独学で合格できます】

簿記3級 おすすめのテキスト3選【独学で合格】資格
悩む人
悩む人

簿記3級の勉強をしたいけど、どの参考書が良いのか分からない

SHIN
SHIN

簿記3級を取得した僕が紹介します

簿記3級の難易度はさほど高くないので、市販の参考書があれば独学でも合格できます。

なるべくお金をかけずにラクして簿記3級を取りたい方には【テキストを買う前に】簿記3級 独学で合格したいなら動画を使おうの記事がおすすめです

簿記の参考書は色々な種類のものがあります。

今回はそのなかでも3冊に絞って紹介します。

この記事でわかること
・簿記3級の合格に必要な参考書がわかる
・それぞれの参考書の良い点、悪い点がわかる
・参考書選びのポイントがわかる

簿記を学べば世の中のお金の流れが分かるようになりますよ

簿記3級の参考書選びのポイント

まず初めに、参考書を選ぶ際に気にしてほしいポイントを解説します

最新の試験範囲に対応しているか

簿記の試験は何年かごとに若干の改定が行われています。

そのため、最新の試験範囲をカバーしている参考書を選びましょう。

SHIN
SHIN

今年受けるならば2021年度版の本を選びましょう

memo

アマゾンなどで商品を見た際に、出版年が自分の受験する年であれば最新の試験範囲に対応しています

テキストと問題集は同じシリーズで揃える

前提として、ここでいうテキストと問題集とは以下を指します。

  • テキスト⇒知識を覚えるための本、教科書みたいなものです
  • 問題集⇒ひたすら問題を解くための本

この記事ではテキストと問題集をあわせて参考書と呼んでいます

なぜ同じシリーズで揃えるかというと、解説に一貫性があるからです。

SHIN
SHIN

テキストと問題集が1冊にまとまっている本も後で紹介します

簿記3級の学習におすすめの参考書

スッキリわかるシリーズ

1つめはテキストと問題集がひとつになった、「スッキリわかる」シリーズです

アマゾンでもベストセラーになっており、簿記の学習者に絶大な人気を誇るシリーズの一つです

スッキリわかるシリーズの特徴

・テキストと問題集が一冊にまとまっている
・本番の試験と同じ形式の「チェックテスト」が一回分ある
・チェックテストの解説動画アリ
・ストーリー仕立てになっていて読み進めやすい

簿記を楽しく学びたい人にはとてもオススメの1冊です

スッキリわかるシリーズの評判

スッキリわかるシリーズの評判・レビューです

イラストなども豊富で飽きません。計算式が大きく表示されているので、基本を覚えるのに最適です。

テキストのイラストが逆にわかりづらいと思いました。 私には合わないなと感じました。

全くの初心者でしたがこの本を購入し、ネット試験で合格しました。シンプルでとても分かりやすかったです。

ポップなデザインでわかりやすい反面、物足りなさを感じるという評価もありました。

じっくり学習したい人や簿記2級以上の受験も考えている人はオススメしません

SHIN
SHIN

物足りなさを感じる人は予想問題集の購入も検討してください

本試験の予想問題がなんと9回分もあるので、量には困らないです

こんな人にオススメ
・試験まであまり時間に余裕が無い
・楽しく簿記の勉強をしたい
・とりあえず簿記3級に受かりたい(2級以上は考えていない)

よくわかるシリーズ

2つめは資格学校のTACの公式教材でもある、「よくわかる」シリーズです

資格学校の公式教材とだけあって、簿記3級の範囲を網羅した中身の濃い一冊です。

よくわかるシリーズの特徴

・資格学校TACの公式教材で中身が充実している
・網羅的に試験範囲をカバーしている
・B5サイズと大きく、余白が多いので書き込みやすい

先ほど紹介したスッキリわかるシリーズと比べるとやや堅い説明で、教科書っぽい印象を受けます。

解説も丁寧で詳しく書かれているので、この2冊があれば独学でも十分合格できます

よくわかるシリーズの評判

よくわかるシリーズの評判・レビューです

問題数が多くてとても充実しています、答えの方も丁寧に解説しており満足しています

イラスト付きで分かりやすいけど、例題の解説がないのは寂しい。

基本例題の解説は乏しいですが、別冊の合格トレーニングと対で使うのがベストです。

テキストにも例題がいくつかありますが、本格的に問題を解くならやはり問題集を使う方が良いようです。

試験範囲の網羅性や量の多さという点では今回紹介する中で最も優れています

こんな人にオススメ
・じっくり勉強に励みたい
・勉強すること自体はそれほど苦ではない
・簿記2級以上の合格も見据えて学習したい

みんなが欲しかった!シリーズ

3つめは、スッキリわかるシリーズと同じ著者が出している「みんなが欲しかった!」シリーズです

問題集の方は模擬試験が3回分ついており、実践演習の量は十分あります

みんなが欲しかった!シリーズの特徴

・フルカラーで見やすい
・過去問が載っており、試験対策ができる
・単元ごとに基本問題があり、確実に理解しながら進める

みんなが欲しかった!シリーズはフルカラーのイラストによる説明があり、問題量も充実しています

先ほど紹介した2種類のシリーズそれぞれの特徴を兼ね備えた参考書といえます

みんなが欲しかった!シリーズの評判

みんなが欲しかった!シリーズの評判・レビューです

B5タイプで持ち歩きしやすく、図解も多くて理解しやすいと思います。

あくまで骨子を作る本だと思う、血肉とするならもっと詳しい本を買った方がいいかもしれない。

全体的に本書は問題数が少ないので応用をきかせられるかが重要

図解が充実しているほうが勉強しやすい人にはオススメですが、量が物足りないという意見もありました。

やはり試験範囲の網羅性など、内容の充実度はさきほどの「よくわかる」シリーズが優れています

こんな人にオススメ
・文字だらけの参考書は苦手
・とりあえず一通り知識をつけたい
・とりあえず簿記3級に受かりたい(2級以上は考えていない)

参考書があれば簿記3級は独学で取れます!

今回は簿記3級の学習にオススメな参考書を紹介しました

簿記3級は基本的な内容ばかりなので、しっかり勉強すれば独学で合格できます

独学で簿記3級の合格を目指す方は、簿記3級 知識ゼロから合格するための勉強法【独学で受かります】を参考にしてみて下さい

今回のまとめです

参考書選びのポイント
・最新の試験範囲に対応した本を選ぶ
・テキストと問題集は同じシリーズで揃える

おすすめの参考書
・スッキリわかるシリーズ
・みんなが欲しかった!シリーズ
・よくわかるシリーズ

最後まで読んでいただきありがとうございました

↓フォローお願いします!
shinをフォローする
資格
スポンサーリンク
shin

大学生(20)|ブログ歴8ヶ月|TOEICスコア735|簿記三級|筋トレ

shinをフォローする
BLOG SHIN
タイトルとURLをコピーしました