簿記2級は就活に有利?大学生が取得するメリットを解説

資格
悩む人
悩む人

・簿記2級を持ってると就活に有利なの?

・簿記3級は取ったけど2級を取るか迷ってる

今回はこのような悩みを解決します。

SHIN
SHIN

簿記2級に向けて勉強中の私が解説します

この記事でわかること
・自分は2級を目指すべきかがわかる
・簿記2級がどのように役立つのかがわかる
この記事の権威性
・実際に私が簿記2級を勉強しており、メリットを感じている
・企業活動をする上で簿記のスキルは不可欠という現状がある

結論をいうと、簿記2級は就活に役立ちますし、もっというと就職後も役に立つスキルです。

しかし、最も重要なのはなぜ簿記2級を取るのか?を自分で考えることです。

その理由についても詳しく解説していきます。

簿記2級が就活に役立つ理由

財務の目線から企業分析ができる

就活を意識し始めると、多かれ少なかれ企業分析をするようになると思います。

この時に簿記2級を持っていると財務の目線から分析できるようになります。

・企業の将来性を把握できる
・口コミなど信ぴょう性の低い情報に左右されにくい
・会社の業績が正確に把握できる

ネット上の信ぴょう性の低い情報と違い、財務諸表などの会計に関する情報はうそをつきません。

SHIN
SHIN

なぜなら外部の人からのチェック(監査)が入るからです

要するに企業の本当の状態を知れるということですね。

大学生
大学生

簿記3級では不十分なんですか?

SHIN
SHIN

企業分析ができるレベルになるには2級以上は必要かと思います

簿記3級を取得し、2級に向けて勉強している私からすると3級では企業分析をするには物足りないです。

簿記3級については簿記3級は意味ない?⇒あります【大学生が取得するメリットを解説】で詳しく解説しています。

また、企業分析を財務の目線からできるというのは就活の時だけでなく、就職してからも役に立つスキルですので損はないですね

学習意欲のある人という印象を与えられる

簿記2級は3、4か月は集中して勉強に取り組まないと合格は難しいです。

2級を取ったということはそれだけ労力をかけたということですので、学習意欲のある人という印象を与えられます。

SHIN
SHIN

一緒に働くなら向上心があって勉強熱心な人がいいですよね

選択肢が広がる

簿記2級レベルとなると一般的なビジネスマンの中でも会計の知識がかなりある方と言えます。

簿記は経理部だけでなく、ビジネス全般に役立つスキルです。

・会計用語の意味が分かる
・コスト管理が適切にできる
・分析力が身につく

知識があるのとないのでは何かを提案するときの説得力が違います。

就職先の選択肢だけでなく、就職後の活躍の場が広がるという意味でもメリットがあると言えます

話のネタになる

履歴書の資格を書く欄に簿記2級と書いていると、面接官に「なぜ簿記2級を取ろうと思ったの?」とか聞かれると思います。

このような質問をされたらアピールチャンスです。

あなたが簿記2級をなぜ取ったのか、スキルをどう活かしたいのか存分に伝えられます。

簿記2級を持っている就活生は全体からすると間違いなく少数派なので、面接官から目をつけてもらえます。

SHIN
SHIN

話題はいくらあっても良いですよね

簿記2級が役に立つ人・役に立たない人

簿記2級が役に立つ人

簿記2級のスキルが特に役に立つと考える人はざっと以下のような人です。

・企業の経理部など会計に関わる仕事に就きたい人
・投資など資産運用に興味がある人
・将来的に起業・フリーランスを考えている人

会計に関わる仕事をしたい人は簿記は必須です

簿記2級が就活に役立つ理由のところでも言いましたが、簿記がわかると企業の会計情報が読み取れます。

すると、株の購入など資産運用をする際に自分で情報を仕入れて、より良い投資判断ができるようになります。

SHIN
SHIN

簿記のスキルが無いと財務諸表などを読み取ることは困難です

また、企業を存続させるうえで重要な収入や支出を正確に把握することは簿記を学ぶことで養われます。

将来的に起業したい、フリーランスとして生きたい人は簿記学んでおいて損はありません

簿記2級が役に立たない人

簿記2級に限らずですが、特に目的もなく資格を取るというのは絶対に避けてほしいです。

勉強を始める前に、なんのためにこの資格をとるのか明確にしてほしいです。

資格はスキルを証明するものなので、マイナス評価になることは基本的にないです。

しかし、就活の面接でなぜその資格を取ったのかが答えられないとマイナスの印象を与えかねません。

SHIN
SHIN

今後あなたが簿記のスキルをどう活かしたいのか考えましょう

簿記2級はメリットが多い!目的を考えて学習しよう

今回は簿記2級が就活に役立つ理由と、簿記2級が役立つ人・役に立たない人について解説しました。

まとめ
・企業分析に役立つ
・努力できる人という印象を与えられる
・話のネタになる
・選択肢が広がる
・投資に興味のある人
・独立したい人
・会計に関わる仕事に就きたい人

上記に当てはまる人は特に簿記の知識が役に立ちます(または必須)

ぜひ目的をはっきりさせた上で簿記2級を目指してほしいと思います

簿記2級を取るためにはまとまった勉強時間が必要なので、早めに動きだしましょう。

SHIN
SHIN

就活が本格化する前に余裕をもって勉強を始めましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました

↓フォローお願いします!
shinをフォローする
資格
スポンサーリンク
shin

大学生(20)|ブログ歴8ヶ月|TOEICスコア735|簿記三級|筋トレ

shinをフォローする
BLOG SHIN
タイトルとURLをコピーしました