大学生 派遣バイト選びに失敗しないためのポイント4つとQ&A

アルバイト

大学生になって派遣バイトに興味があるけど、アルバイトと派遣バイトはどう違うのか、など分からないことが多くて不安を感じている方もいると思います。

この記事を書いた僕は実際に派遣会社に登録し、派遣バイトをしたこともあります。

今回はその経験談をもとに派遣バイト選びに失敗しないためのポイントと想定されるQ&Aをまとめました。

こんな悩みを解決します!

学生A
学生A

派遣バイトしてみたいけど、分からないことが多くて不安…

学生B
学生B

派遣バイトの選び方を知りたい!

◎派遣バイトとは何か

派遣バイトとは、自分が選んだ派遣会社に個人情報を登録し、派遣会社が掲載している求人の中から好きな求人を選んで働くことをいいます。

要するに、派遣会社というのは労働者と勤務先会社との橋渡し役で、勤務先会社の代わりに働いてくれる人材を募集する役目を果たします

アルバイトの多くは長期間同じ場所で働きますが、派遣バイトは働く期間は1日の求人もあれば長期のものまで豊富なので色んな職種を短期間に体験できます。

アルバイトとの違い

アルバイトは労働者(自分)と働き先という関係性ですが、派遣バイトの場合は労働者と働き先との間に派遣会社が介入します。

派遣バイトの場合は求人数が多く、種類も多い(派遣会社によります)のでいろんな仕事を体験することができます。

また、1日限りの仕事もあるので雰囲気が合わなかったりしても無理に続ける必要がありませんし、人間関係に悩む必要もありません。

ただし、その分人間関係はあっさりしていることが多いのでバイトで仲間をつくりたい人には向いていません。

大学生にオススメのアルバイトについてはこちらで紹介しています

大学生も派遣会社に登録できる

派遣会社というと派遣社員として働いている大人の人をイメージする方もいるかもしれませんが、大学生が派遣アルバイトとして派遣会社に登録することは可能です

派遣会社によって多少の違いはありますが、基本的には各会社のWebサイトから個人情報を登録したら求人に応募できるようになります。
(登録後に派遣会社と面接が必要な場合もあります)

ちなみに派遣会社との面接が不要で、
登録後すぐに求人に応募できる会社はフルキャストです

フルキャストのホームページ:https://fullcast.jp/

派遣バイトのメリット・デメリット

個人的に感じた派遣バイトのメリット・デメリットを紹介します

ただ、これらは人によって捉え方が違うと思うので、自分の性格と照らし合わせて見て下さい

メリット 
・人間関係がラク
→1日限りの単発だと同じ人ともう一度働くことが少ないです。
 また、自分に合わなければ無理に続ける必要が無いです
       

・すぐに働ける
→前日に応募し、翌日働くことも可能
 給料を日払い、週払いしている求人もあるので急な出費もカバーできます

・責任のある仕事が少ない
→派遣バイトで接客をする機会はあまりないですし、基本的に簡単な作業しか任されないので責任重大な仕事はないです。
       

デメリット 
・人間関係ががあっさりしている
→人間関係がラクというメリットの裏返しで、深くかかわることが少ない分あっさりした関係になりがちです
       

・単純作業が多い
→求人によりますが、特に工場での軽作業などは同じ作業の繰り返しなので、めっちゃ時間の流れが遅いです。

これが苦じゃない人もいるでしょうが、僕はしんどかったです…
        
・大学生が少ない

→派遣バイトも色々な種類があるので一概には言えませんが、若者はあんまりいない印象を受けました。
主にフリーターや定年退職後のご老人が多かったです。

周りの大学生に聞いても派遣バイトをしたことある人はほとんどいなかったので、大学生は少ないといえるでしょう

◎派遣バイト選びのポイント

派遣バイトの特徴について述べましたが、具体的にどういった点を見て派遣バイトを選ぶと良いか、僕が選ぶ際に見ていたポイントを解説します。

1.口コミを参考にする

派遣会社は本当にたくさんあるので、僕はとりあえずインターネットで検索し、各派遣会社の口コミを見ました。

ただし、信ぴょう性が高い情報ばかりではないのであくまで参考程度という認識です。

2.求人数が多い派遣会社を選ぶ

派遣会社を選ぶポイントとして求人数の多さは重要です。

せっかく登録してもやってみたい仕事が無ければ意味がないので確率論的に求人数が多いに越したことはないです。

また、派遣会社によって扱っている求人に特徴があったりします。
イベントスタッフの求人が多い会社や軽作業の求人が多い会社など、各会社で特徴があったりします。

もしやりたい職種が明確な方はそれに合った求人があるかも調べてみて下さい。

大学生にオススメのイベントスタッフについてはまたの機会に紹介します

3.勤務可能時間が幅広いか

せっかく派遣会社に登録しても夜勤や早朝勤務の求人ばかりだとしんどいですよね。

選択肢は多いに越したことはないですし、生活リズムを極端に崩さなくて済む時間帯に働ける求人があることは大切です。

とはいえ、夜勤でゴリゴリに働いてお金を稼ぎたいという人は気にしないでいいです(笑)

4.大手の派遣会社が運営しているか

派遣会社の名前を知っている人はそんなに多くないと思うので、どこが大手なのかはよく分からないと思います。

ですので、登録する前に会社名は一度調べておいた方が良いと思います。

調べるといっても、ホームページをしらみつぶしに見るわけではないですが、
業界で名が通っている会社か、ある程度登録者を抱えているかなどを確認してから登録しました。

実際に派遣会社と労働者との間でトラブル事例もありますし、個人情報の保護という観点からも大手で管理体制がしっかりしている会社を選びましょう。

◎派遣会社でよくある求人

派遣バイトでよくある求人を紹介します。

ちなみに派遣会社によっては扱う求人がイベントスタッフや軽作業など特定の分野に特化したところもあるので一概に当てはまるとはいえません。

軽作業

軽作業というのは主に工場の生産ラインで簡単な流れ作業をしたり、物流倉庫で荷物を整理したりします。

具体例を出すと、パン工場でひたすらベルトコンベヤーの上にパンを置いていく作業やでっかい窯にパンを入れる作業などを経験しました。

SHIN
SHIN

結構重たい物もあるので軽作業といえるのかよくわかりませんが。

体力的には割とラクな仕事が多いかなと思います

引っ越しの補助

引っ越しの補助スタッフとして家具を運ぶ手伝いをするバイトもあります。

また、引っ越しではないですが家具の配達のためにトラックの助手席に乗ってお家まで行き、家具を届けるバイトもあります。

どちらも重いものを運ぶ点では一緒ですね。

しんどいですが、時給は高めです。

体力に自信のあるマッチョはぜひ。

清掃

上の二つと比べると少ない印象ですが、清掃もあります。

工場での清掃やバックヤードの掃除などをします。

制服は貸してもらえる場合も多いですが、汚れ仕事なのでしんどさはあります。

◎派遣バイトに関するQ&A

つづいて派遣バイトに関するQ&Aをまとめました。

未経験でも働けるの?

ほとんどの求人において特別な経験は不要です。

誰でもできる作業が多いので、経験者のみを募集する求人は少数派です。

たとえばフォークリフトなどは資格がないとできません。

アルバイトとの掛け持ちは可能?

可能です。

一日単位で募集している求人もあるので、基本はアルバイトをして時間があるときだけ派遣バイトで働くという働き方もできます。

残業はあるの?

残業ありと書いている求人もあります。

逆に早上がりもあります。

物流倉庫での仕事だと、流通量が少ない日などは作業量が減るので早めに仕事が終わるケースはあります。

まとめ:迷ったらやってみよう!

今回は、派遣バイトの特徴や見るべきポイントについて紹介しました。

派遣バイトというと大学生でやっている人が少ないためどうしても不安に感じると思います。

しかし、大学を卒業し社会人として仕事をするようになるともう二度とバイトをする機会はないかもしれません。

時間がある今のうちにいろんな仕事を経験し、いろんな世界を見ておくことは良い社会勉強になります。

迷ったらまずは単発で一日だけやってみるのもアリですよ。

今回は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございました。

↓フォローお願いします!
shinをフォローする
アルバイト
スポンサーリンク
shin

大学生(20)|ブログ歴8ヶ月|TOEICスコア735|簿記三級|筋トレ

shinをフォローする
BLOG SHIN
タイトルとURLをコピーしました