本当に安全? ハロートークアプリを使ってみた

便利サービス

世界中で1500万人以上が利用している言語学習アプリのハロートーク(Hello talk)

今回はハロートークを実際に使って分かったことや安全に使うための方法をまとめました。

こんな悩みを解決します

困った人
困った人

・ハロートークの特徴を知りたい

・ハロートークを使った人の声を知りたい

・ハロートークの安全性を知りたい

ハロートークの安全性は皆さん気になる部分だと思います。

結論を言うと出会い目的で利用している人も一部いますが、ブロック機能や通報機能があるので対策はとれます。

言語学習目的で使っている人が大半なので、むやみに個人情報をオープンにせず利用すれば役に立つアプリです。

この記事の信頼性

・この記事を書いた私はハロートークを約1年利用
・経験をもとに安全性やおすすめする使い方を紹介


それでは本題に入りましょう。

1.ハロートーク(HelloTalk)ってどんなアプリ?

ハロートークの特徴について簡単にまとめました

世界中のユーザーと言語学習ができる

ハロートークは世界中で1500万人以上のユーザーがいます。

後ほど詳しく紹介しますが、無料会員の場合150種類ほどの言語から1つを選び、学習していきます。

なので、英語はそこそこできるという方は大学で学んでいる第二外国語の勉強に使うといった利用法ができます。

第二外国語選びに迷っている方はこちらの記事を参考にしてください

SHIN
SHIN

K-POPブームの影響か韓国語を学ぶユーザーが多かった印象です。

タイムライン投稿で気軽にシェアできる

ハロートークにはタイムライン機能があります。

これはツイッターなどのSNSのように何でもない日常や思ったことなどを世界中のユーザーに向けて発信できる機能です。

他のSNSと違う特徴は、文章はもちろん自分の音声を録音して発信できる点です。

この機能を活用することで、タイムラインを見てくれた人が自分の発音や打った文章を訂正してくれたり、褒めてくれたりします。

ネイティブスピーカーから発音を添削してくれるのは普段あまりない機会なので活用したいですね。

チャットや通話ができる

ハロートークでは、気になるユーザーがいたらフォロー(友達申請)をし友達になることができます。

ユーザーと1対1でメッセージのやり取りや電話ができるのでお互いの母語で会話をしてみたり、教えあいをすることができます。

また、翻訳機能もついているので気軽にメッセージが送れます。

Facebookなどでも外国人の友人を作ることは可能だと思いますが、ハロートークは言語学習に特化したアプリなので翻訳機能や文章を添削できる機能があるのは特有の強みです。

また、同じような目的を持った人が多くいるのはモチベーション維持につながります。

2.ハロートークを実際に使って分かったこと

無料会員でも十分使える

アプリでは無料会員と有料のVIP会員があります。

僕は無料会員でこれまでずっと続けてきました。

一度に多くの言語を学びたい人や翻訳機能を頻繁に使う人でなければ無料会員で十分使えると思います。

参考程度に無料会員とVIP会員でできる主な機能の違いをまとめました。

無料会員VIP会員
翻訳機能10回/日無制限
学べる言語1つ3つ
新しく友達になれる人数10人/日25人/日
学習言語の変更48時間ごといつでも可

VIP会員の場合、一度に3つの言語を選択できるため英語を学びながら他の言語も学べます。

ただ、無料会員であっても言語を選んで48時間経ったら選んだ言語から変更することができるのでそこまで不便ではないかと思います。

タイムライン投稿で友達ができる

ユーザーとコミュニケーションをとる手段は主にタイムライン機能とチャット機能なのですが、

タイムライン投稿=新しい友達を作る機会

になるので、タイムライン投稿を自分から積極的に行うと友達ができますし、他人の投稿に返信するのも良いです。

悩む人
悩む人

何を投稿すればいいか分からない!

そんな方は何でもいいので質問してみると反応をもらいやすいです

もしあなたが英語を学習しているなら

「英語版の早口言葉を教えてください、ちなみに日本では○○という早口言葉があります。」

みたいに答えやすい質問を投げつつ、自分が知っていることも共有すると返信をもらいやすく、相手も日本について学ぶことができます。

また、文章だけでなく、画像も一緒に投稿するとリアクションが良かったです。

画像は日本の風景や、ペットの写真など何でもいいと思います。

日本語学習を手伝うと英語を教えてもらいやすい

これは人間関係的な話になるかもしれません。

英語を教えてくれるパートナーを探す際は日本語を勉強している人を選ぶようにするとお互いにとってwin-winですし、良好な関係を築けるでしょう。

もちろんそういった利害関係なく教えてくれる方もたくさんいます。

自分が逆の立場でも積極的に日本語学習をサポートしてほしいです。

ちなみにだれが何の言語を学んでいるかはプロフィールで一目でわかるようになっています。

また、VIP会員になると学んでいる言語や母語などの条件で検索することもできます。

3.ハロートークを安全に利用する方法

一部の利用者の中には出会い目的で近づいてくるユーザーもいます。

そういった人物と関わらず、安全に利用する方法を解説します。

ブロック機能を活用する

ハロートークにはブロック機能があるので、不審に思った人物はブロックできます。

ブロックすると、相手は自分のプロフィールを見れなくなりタイムライン投稿も表示されなくなります。

また、執拗に連絡が来る場合などは通報機能もあるので利用しましょう。

個人情報は非公開にする

プロフィールを充実させることは言語学習のパートナーを増やすうえで大切なことです。

ですが、居住地の情報などの個人情報はなるべく公開しないことをオススメします。

また、ユーザー検索で同じ性別の人や特定の年齢の人しか自分を検索できないようにすることもできます。

必要に応じて設定を変更しておきましょう。

アプリをインストールしたらまずは設定を変更しておきましょう。

プロフィールに学習目的であることを書く

自分のプロフィールに言語学習に真剣に取り組んでいるということを書いておきましょう。

大多数のユーザーは言語学習に取り組むためにアプリを使っているので、プロフィールにしっかりと書いておくと、真剣に取り組んでいるユーザーが周りにつきやすくなります。

僕が約1年間ハロートークを利用してきた経験から、活発にユーザーとコミュニケーションを取っている人がプロフィールに書いていた情報はこんな感じです。

  • 簡単な自己紹介
    (趣味、大学生や社会人などの身分)
  • 何を目的に言語学習をやっているか
  • 自分の夢や目標

プロフィールを充実させて、気の合いそうなユーザーを見つけましょう。

4.外国語の習得のために積極的にチャレンジしよう

ハロートークの特徴や安全に使う方法について解説してきました。

この記事を読んでくださった方は言語学習を頑張りたいと思っている方が多いでしょう。

外国語を操れるようになるには、言うまでもなくチャレンジすることが大切です。

もしハロートークをこれから始める方は、アプリを入れて満足するのではなく、ぜひ色んな人と関わっていってほしいです。

今回は以上です、では!

タイトルとURLをコピーしました