【就活イベント】ジョブトラ 実際に参加してみた感想

大学

この記事にたどり着いたあなたは、ジョブトラに参加しようか迷ってるんじゃないですか?

僕も一緒だったのでわかりますよ

そんな人のために!
今回は就活イベント「ジョブトラ」に参加してきた体験談や感想を書きます

悩む人
悩む人

・ジョブトラって怪しくないの?

・参加した人の感想を知りたい

・難易度や参加学生のレベルを知りたい

こんな疑問を持っている人に向けて書きました。

ジョブトラの内容

当日のコンテンツ

当日なにをするかはジョブトラのホームページから見れるので詳しくは書きません

簡単に説明すると、企業プレゼン⇒チームでビジネスゲームを行う⇒座談会の流れで進みます。

座談会では人事の方に質問できるので、企業プレゼンで聞けなかった話も聞けます

SHIN
SHIN

ビジネスゲームはかなり頭を使いますが、やりがいはありました。

時間は全部で4時間ほどです。

参加学生の特徴

参加学生の数は50~60名ほどで、ホントに色々な大学の人がいました。

巷ではMARCH以上が大半みたいな噂を聞きますが、そんなことないと思います(笑)。

(ちなみに筆者は関西の人間なのでMARCHのレベルはよくわかりませんが・・)

SHIN
SHIN

僕のいたグループも学歴は多種多様でした

まぁびっくりするほど猛者ぞろいというわけではなかったです。

ただ、対面でのイベントにわざわざ参加しているということもあって、それなりに就活に対してやる気のある学生が集まっている印象でした。

ビジネスゲームってぶっちゃけどうなの?

おそらく皆さんが一番気になっているのが、メインコンテンツであるビジネスゲームだと思います。

ビジネスゲームはレベルが3段階あって、参加する日程によって違います。

僕は真ん中のレベルをやったのですが、頭めっちゃ使いました。

また、ゲーム中の言動が人事の方に評価されるので、みんな頑張ります。つられて僕も頑張ります

SHIN
SHIN

ゲーム中は他チームの学生や企業の方と関わる場面もありました。

ジョブトラの良い点

続いて、参加して感じたジョブトラの良い点を紹介します

  • 人事からの評価が可視化される
  • 就活生との情報交換ができる
  • 人事から高評価をもらえると個別面談ができる

良い点はこんな感じです。

なんといっても人事の方から自分の言動を評価され、フィードバックシートとしてもらえる点は良かったです。

ただ、自分の順位もしっかり表示されるので、めっちゃ低いとメンタルやられそう・・(笑)

また、コロナ禍においては貴重な対面イベントなので、他大学の就活生と情報交換するにはうってつけです。

SHIN
SHIN

オンラインのインターンや就活イベントだと親睦を深めづらいですよね

さらに、ビジネスゲームでの評価が高かった学生は、座談会で人事の方と個別面談をすることができます。

興味のある企業であれば本選考やインターンへの招待があるかもしれません

ジョブトラの悪い点

続いて、参加して感じたジョブトラの悪い点です。

  • 参加企業が事前に分からない
  • 座談会で話を聞きたい企業を選べない

ジョブトラは1度の開催で、5社ぐらいが参加するのですが、参加企業は事前に公表されません。

なので、志望企業・業界が定まっている人にとっては参加企業に興味を持てないケースもあります。

また、座談会で話を聞ける企業は運営側によって選ばれるので、必ずしもすべての企業の話を聞けるとは限りません

SHIN
SHIN

ただし、イベント終了後に少し時間がある場合は自由に話を聞きに行けます

ジョブトラに参加した感想

結論、参加して良かったです。

特に何が良かったかというと、対面でグループワークができたことです。

SHIN
SHIN

僕はジョブトラが初めての対面型の就活イベントでした。

学生や人事の方と面と向かってコミュニケーションが取れ、得られる情報量が多くて身になりました。

また、ワーク中の言動を評価される機会は珍しいので、自分の実力が分かったのも良かったです。

まとめ

ここまでいろいろ書きましたが、僕から伝えたいことは1つだけで

迷ってるなら参加したら?

ということです。

僕も「参加者のレベル高くてついていけなかったらどうしよ」とか思って参加するか迷ってましたが、参加した今は迷ってる時間がムダだったと思ってます。

迷ったらやりましょう

※ちなみに僕はジョブトラの回し者では決して無いですよ

↓フォローお願いします!
shinをフォローする
大学
スポンサーリンク
shin

大学生(20)|ブログ歴8ヶ月|TOEICスコア735|簿記三級|筋トレ

shinをフォローする
BLOG SHIN
タイトルとURLをコピーしました