【大学生】 入学前にやるべきこと7選

大学生活

大学入試が終わり、進路が決まった高校生は長い受験勉強期間から解放され、第一志望に合格した喜びや思い通りにいかなかった悔しい気持ち、はたまた安堵感に浸っていると思います。

受験勉強を最後までやり抜いたことは大きな自信になるでしょう

しかし、大学入学はゴールではありません。
今後の長い人生の方向性を左右するといっても過言ではないくらい、大学生活の過ごし方は大切です。

と、社会に出てもいない大学生がなに言ってるんだと思われるかもしれませんが、僕自身、苦しかった受験を終え、その先の大学に入ってからしたいことなどを全然考えておらず、もったいない時間の使い方をしたなと後悔しています。

そこで、進路が決まった高校生が、大学入学までにしておくべきことを7つにまとめてみました

ただし、大学入学前の期間(春休み)は私立一般のみの受験と国公立後期まで受験があった人では1か月近く差があります。また、大学から一人暮らしをする方だと新居探しなどの新生活への準備で時間がかかり、人によってかなりバラツキがあると思うので、最低限しておくと良い事をまとめました。

1、英語を勉強する

1つ目は英語の勉強です。
オイオイ、こちとらやっと受験から解放されたってのにまだ勉強しろっていうのか!という声が聞こえてきそうですが、英語だけはやっといたほうが後々ラクです。

外大などに行く方でなくても英語は大学でも必修科目であることが多く、大学によってはTOEICを受験させられることもあります。

せっかく勉強を頑張ってきたのですから受験が終わって間もない、
自分史上最高に学力の高い今の自分をさらに高めましょう!

先ほども述べましたが大学はゴールではありません。大学に入ってからも、卒業してからも勉強は続くのです。
辛いとは思いますが、春休みは英語だけでいいので毎日コツコツ勉強しましょう

英語の勉強法についてはこちらの記事で紹介しています!

大学受験向けに書いた記事ですが、TOIECや英検を受けようと思っている人にも役立ちます

ちなみに、TOEICなどの英語試験を受けようと思っている方は春休みよりも入学後に受けるのが吉だと思います。
大学によりますが、授業の一環で全員受験を科される所もあるそうですし、そうでなくても大学生協から申し込むと安く受験できる場合もあるので、入学後に受けるほうが金銭面ではお得かと思います。

ぜひ、ご自身で入学する大学のシステムを調べてみて下さい。

2、参考書は捨てない

2つ目はすべきことというかしない方が良い事ですが、参考書を捨てないということです。

少なくとも受験が終わって即、参考書を捨てたくなる気持ちは分からなくはないですが、早まらないでください

苦楽を共にした参考書は受験が終わったら自分が使うことはほぼないでしょう。
しかし、ゴミにしてしまうのではなく、メルカリで売ったり、母校に寄付するなどして未来の受験生に役立ててもらいましょう。
浪人が決まった友達にあげるのもいいかもしれませんね。

特に赤本などは時間がたつと価値が下がるので早めに売るほうが良いでしょう。

3、大学の新歓情報をチェック

3つ目は、大学の新歓情報をTwitterなどのSNSでチェックしておくことです。
新歓というのは新入生歓迎会の略で、大学の様々な部活やサークルが新入生の勧誘に力を入れます。

その歓迎会の日程などの情報は各部活やサークルのSNSで周知されていることが多いので、早いうちから興味のある団体の情報を調べておくと良いでしょう。

大学用のアカウントを作って興味のある団体は片っ端からフォローしとくのも良いかもしれません。
また、大学の公式アカウントが存在する学校もあるので、フォローしておくと有益な情報を得られます。

4、読書をする

4つ目は、読書をすることです。

僕は、大学に入ってからパソコンを使う機会が増え、それに伴い活字を読む・書く機会が明らかに減りました。
それの何が良くないかというと、冗談抜きに読み書きの能力が落ちましたし、集中が切れやすくなったと感じています。

文章を書く力は継続的な読書(活字に触れる)という習慣によって育まれますし、幅広いジャンルの本を読めば世界が広がります。

大学生に限らず、読書の習慣がある人が少ないそうですが、毎日30分でも読書をする時間を作ることは難しいことではないと思います。

受験で活字に触れまくって嫌悪感が少ないうちに読書の習慣をつけられると大きなアドバンテージになるでしょう。

5、銀行口座を作る

5つ目は、銀行口座を作ることです。

大学生になると多くの人がアルバイトをするようになると思いますが、アルバイトをし始める際に自分の銀行口座が必要な場合がほとんどです。

手続き自体はすぐにできますがキャッシュカードは手元に来るまで申し込みから1週間くらいかかるので、春休みのうちに住ましておきましょう。

6、服を買う

6つ目は、服を買うことです。

大学生になると自由におしゃれをできる分、毎日着ていく服は自分で選ぶ必要があります。
これまでの制服での学校生活から解放された分、何を着たらいいか悩む人も多いと思います。

大学生になって垢抜けられるよう、周りのオシャレな人を参考にしたり、インターネットネットを活用するなどして、大学に着て行ける服を用意しておきましょう。

僕はげんじさんのYouTubeを見て参考にしています。
↓リンクはこちら(男性向け)

げんじ/Genji – YouTube

7、会えなくなりそうな友達と遊ぶ

7つ目は、一人暮らしなどで地元を離れる友達と遊んでおくことです。

これまで英語勉強しろ、読書しろだのと偉そうに言ってきましたが、やっと受験が終わったんですからめいっぱい遊びたいですよね!

特に、自分が一人暮らしを始める、もしくは、友達に一人暮らしになる人がいるなら今のうちに遊びましょう!
大学が始まると会える頻度も減っちゃいますし、それぞれ新しい友達ができて疎遠になってしまいがちです。

遊びも全力で楽しみましょう!

まとめ

以上が入学前にやっておくべきこと7選になります
大学では自由な時間が増える分、有意義な大学生活にするかは自分次第です。

合格という喜びに浸った後は、大学生活を充実したものになるような時間の使い方をしてほしいです!

タイトルとURLをコピーしました